豊国酒造

文久2年(1862)創業した酒蔵。米どころの会津坂下町にあり、昔ながらの「手作り」の醸造にこだわり、原料の性格に忠実に従った醸造に努め人の手による酒造りを行なっています。
原料の性質に忠実に従った醸造に努め人の手による酒造りです。
「ばんげぼんげ」と云う全国に地元の良さをPRする為の“シンボル・ワード”を設け、「ばんげぼんげ」の精神を営業活動に取り入れ、「地元がイメージでき、且つ地元の人が支持する美味しいお酒」こそ地酒を語る為の大切な事と考えている蔵です。

PAGETOP