福光屋

寛永2年(1625)創業。400年に渡り加賀百万石の地、石川県金沢市で酒造りを続けている福光屋は石川県内でも長い歴史を持つ酒蔵の一つ。醸される日本酒は、仕込み水には霊峰白山の麓一帯に降り注ぐ雨雪が百年の時をかけて流れ着く地下水「百年水」を用い、米には全国の酒米優良産地の作り手との契約栽培によってもたらされる良質な酒米を使用、そして伝統の職人技を受け継ぐ蔵人の技によって完成される。2001年には純米蔵として全ての酒を米と水のみで醸す革新へと踏切り、その後も製品のマルチブランド化による裾野の拡大、食品や化粧品など「発酵力」を最大の武器としたアクションで日本酒の価値向上を目指す。

PAGETOP