賀茂泉

広島の酒処として名高い西条地区にあり、山陽道の名水「茗荷清水」を汲んで酒を醸す賀茂泉。明治44年に米穀卸から酒造業を興した後、昭和40年からは全量純米蔵として純米醸造のパイオニアとなる。広島杜氏伝承の三段仕込みを忠実に守り、活性炭濾過を行わない芳醇で豊かな味わいと美しい色味の日本酒を醸し続けている。また、米にこだわり、純米酒の製造によって米消費を増やすことは米農家の地位向上にも繋がるという趣旨の元、地域農業への貢献も視野に入れた活動を行なっている。米の良いところも悪いところも残した純米酒には米と日本酒への愛がこもっている。

PAGETOP