手取川

“酒造りは地域と共にある”明治3年より酒蔵としての使命を抱き、伝統文化の継承と社会への貢献を手取川・吉田蔵を醸す吉田酒造店は目指している。眼前に霊峰白山をいただく石川県白山市、その土地で水を守り、米農家を守り、その土地でしか造れない味を目指して手取川の酒は醸されている。なぜ水や米農家を守るのか。それは手取川の日本酒が手取川であるために絶対的に必要なことだからである。仕込み水に使われる手取川の伏流水、その水を守りぬくことが、ひいてはその水で作られる米と農家を守り、その米を使って酒を造る手取川を守るのだ。そして地元の水と米で醸す日本酒だからこそ、それは他では造ることのできない唯一の個性と味わいをもってお客様の元へ届くのである。酒蔵としてのあるべき姿、その姿を描きながら手取川では酒が造られている。そして経営の理念に掲げる四つの思想、「先義後利」「三方良し」「原点回帰」「不易流行」これらもとに伝統の継承と現代への革新、オリジナリティーの創造へと
日々進化を続けているのだ。手取川が取り上げられている映画「The Birth of Sake」は必見。次期蔵元の吉田泰之氏の手腕にも今後期待がかかる。

『手取川』の人気ランキング

PAGETOP