満寿泉

満寿泉は富山県の東岩瀬、かつては北前船の交易で栄えた土地に蔵を構える海沿いの酒蔵です。創業は明治26年、北海道旭川にて酒造業を興し年間1,500石の規模で酒造りをしていました。しかし明治38年に故郷である富山に戻り現在の桝田酒造店となりました。昭和40年代半ば、4代目当主桝田敬次郎氏が当時まだ一般的ではなかった吟醸酒を主力とした酒造りに蔵の命運を託し、その右腕として手腕を大いに振るったのが能登杜氏四天王にも名を連ねる三盃幸一氏。そして昭和47年からは鑑評会の金賞受賞の常連組に名を連ねることとなりました。現当主の桝田隆一郎氏は海外や芸術への造詣も深く、世界で戦える日本酒の姿
を常に模索しています。その新たな挑戦の過程でオーク樽での貯蔵やワイン酵母の利用などにも早い時期から取り組みを始め、現在その技術は全国でも随一の実力を誇ります。蔵のモットーは美味求眞。美味しいものを食べている人しか美味しい酒は造れない。富山という海の幸、山の幸に恵まれ舌の肥えた人々に愛される日本酒とは何か、恵まれた食材と共に楽しめる日本酒とはどんな酒なのか。満寿泉の洗練され綺麗でありながら味のしっかりとした旨い日本酒はこうして磨かれています。

『満寿泉』の人気ランキング

PAGETOP