南部美人

岩手県二戸市で明治35年の創業当時、仕込み水に自社の井戸水と竹内神社境内に湧き出る井戸水を用いたことから「堀の友」の銘柄で酒を造っていた。戦後、「これからは良い酒を造らなければ」という強い信念から南部杜氏の雇用を始め、端麗で綺麗な酒の味を「美人」に例え、南部藩という地名と掛け合わせて「南部美人」の銘柄が誕生した。吟醸酒の人気が過熱する中、南部美人の酒造りを任されたのが「現代の名工」にも選ばれた山口一氏。南部美人が標榜する「品質一筋」を体現し続け、その酒造りの技術と精神は今でも蔵の宝として継承されている。現在も日々新たな取り組みに挑戦しており、awa酒協会への加入、コーシャ認定
の取得、日本吟醸酒協会理事、糖類無添加リキュール製造方法の特許取得など5代目である久慈浩介氏の精力的な活動が続いている。

PAGETOP