総乃寒菊

”心を満たす酒造りで人と未来をつなぐ”。寒菊銘醸が目指している酒造りがこの言葉に込められている。寒菊銘醸は明治16年に創業し、九十九里の地で酒造りを営んできた。太平洋を臨む長大な九十九里浜から程近いこの場所はかつてより漁業や農業共に盛んで、豊富な陸海の幸に恵まれてきた場所であり同時に南北を結ぶ海上交易の要衝ともなった。湿潤な海洋性気候は酒造りに欠かせない米作りだけでなく、多様かつ豊かな食文化が育まれる土壌でもあり、そうした中で酒造りを行ってきた寒菊も寒造りでの辛口の日本酒で食の場を彩ってきた。現在でもこうした歴史を継承しつつも新たに地ビール造りやスパークリング日本酒など酒造りでのチャレンジ精神豊富な蔵である。

PAGETOP