水芭蕉

群馬県川場村には上質な水が流れている。初代蔵元の永井庄治はこの川場村の「水」に惚れ込み酒造りを決心した。周囲を尾瀬の山々に囲まれた雄大な自然環境の中で湧き出るやわらかな天然水は仕込み水に最適なのだ。
使用する米にもこだわりがある。すべて契約栽培で米を育ててもらい、お互いの顔が見える信頼関係を大事にしているのだ。その米は最高級の山田錦はもちろん、地元のテロワールを表現する川場村産雪ほたか、五百万石、長野県産ひとごこちなど県の内外を問わず酒米農家と強い信頼関係で結ばれている。
そうした「水」「米」を永井酒造の「技」で酒へと仕立てていく。技とは環境作りであり、如何にして酒造りの空間をプロデュースするかなのだ。「水芭蕉」「谷川岳」のブランドの名の通り、大自然を表現した「美しく」「綺麗」な酒を誇りある職人技で紡いでゆく。永井酒造が目指すのはまさにそのような「自然美」の日本酒である。

PAGETOP