桂月

高知県北部の山間地、土佐嶺北地区の冷涼な空気と豊かな水に支えられ、明治10年から酒造りをしている土佐酒造。四国の水瓶といわれる早明浦湖畔の雄大な自然に囲まれ、特有の良質な軟水を用いて少量生産をおこなっている。銘酒「桂月」の名前の由来となったのは月の名所として知られる桂浜。高知県を代表する景勝地であり、明治維新の立役者、坂本龍馬の銅像が太平洋の荒波に向かって立っているその景色である。IWCやKura Masterなどのコンペティションにも精力的に参加し、近年は上位入賞の常連となっており、世界的にも評価が上がってきている。140年の歴史を背負い、世界中の飲み手に喜びを与える日本酒を作り続けていく。

PAGETOP