WAKAZE

2016年、日本酒業界に新たな風を吹かす酒蔵が現れた。東京は三軒茶屋でSAKEを醸すWAKAZEである。酒の新たな価値観、ハーブや柑橘、フルーツや茶など様々なボタニカルを活用した独自の世界観は日本酒の業界に激震をもたらした。東京の醸造所ではどぶろくやボタニカルSAKEをメインに醸造、併設するレストランでは出来立てのお酒と多国籍料理とのペアリングを楽しむこともできる。日本酒を世界に広めることを目指し活動しているこのチーム「WAKAZE」は日本に新たな風を吹き込むだけでなく、次なるステップとして2019年、フランスはパリに新醸造場を建設中である。フランスに蔵を建て酒を醸すことを想像した酒蔵はあれど、実際に行動した酒蔵がどれだけいるだろうか。世界に吹き抜ける“和”の風を是非応援していきたい。

PAGETOP